ビジネスにおける能力の高め方

仕事のスキルをより高めるには、仕事に対するポリシーを持って目標を設定することが重要である。
何故なら、目標を設定することは様々な思考と気づきに繋がるからである。

例えば、コミュニケーション能力を高めたいときに、何が必要なのかを考えてみる。
話し方を学ぶセミナーもあるが、ビジネスにおけるコミュニケーションの本質は必要な情報を円滑にやり取りすることだ。
つまり話し方はその手段であって本質ではない。
では何が必要かと言うと、どんな情報をどのように伝えるか、あるいは求めるかということだ。
その点さえ考えることができれば、あとはなすべきことをするのみである。

また仕事のスキルというものは、全般的に具体的に学ぶことができないものも多い。
例えば課題の発見やその解決能力は重要なスキルであるが、スキルを高める勉強法はこれといって無いと言えるだろう。
セミナーなどに参加したとしても、間接的にスキルを身につけるための教材や題材が与えられて取り組むことになる。
しかし、このようなスキルを高めるチャンスは、普段の仕事の中にいくらでも見出すことができるものだ。
それに気づくか否かが問題であり、自分で見つけることができる人こそが、高いスキルを備えることができるのだ。
つまりセミナーなどに通ってもなかなか仕事ができない人は、本質的に思考や気づきというものを理解していないことになる。
与えられたチャンスに気づきそれを活かしていくことが、結果として仕事のスキルを高めることに繋がるのである。

仕事のスキルをより高めたいと考えるなら、まず自分のポリシーは不可欠だ。
その上で目標を設定すれば、仕事のスキルを高めることができるだろう。
これが自分のポリシーだと言えるものがないなら、ポリシーは成功への近道を読んで考えてみてはいかがだろうか。